スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、次元戦で遊んで、終わった後の話です。




Shot00885-2a.png

Shot00885.png

キャス鯖のリーツさんと初遭遇しました。
リーツさんとはブログ上で動画について少し交流を持ちまして。

そんなわけで、今日は動画を作る上で一番大事な、録画(画面キャプチャー)についてお話したいと思います(唐突


リネ2には録画機能がある。しかし・・・


ここを読んでいる方は皆さんご存知かと思いますが、
今のリネ2には録画機能がついていて、動画が保存できます。
だったらそれで録画すればいいじゃない!って思いますよね?

しかしこれ欠点があるんです。
保存先が選べません。
つまりSSDがメインドライブでリネ2をそこに入れていると、
録画してる間に空き容量が2GBとかになって仮想メモリが不足してPCがフリーズします。というかしました(経験済
ちなみに、1分当たり約1GBのサイズのavi形式ファイルとして保存されます。aviにしては少し軽いですが・・・

短時間の撮影ならこれを使って撮影し、終了後にファイルをデータ用ドライブに移動すれば利用できなくはありません。
しかし戦争など長時間の録画をするには、SSDの容量にもよりますが、結構つらいものがあります。


7/1追記)
Windowsの機能であるシンボリックリンクというのを使うと
SSDに入っているリネ2のSSフォルダを、丸ごとHDDに移すことができました。
これをやっておけば、SSをたくさん撮っても長時間の動画を撮っても、自動的にHDDにデータを移してくれます。
ド忘れしてました。謎の鍵コメさんありがとう!
手順などはこちらのサイトさんで説明されています。

consbiol のエコ日記 Windows7(vista)の便利機能シンボリックリンクでデータをDドライブへ逃がす


代表的な録画ソフト


ここで私がこれまでに使ってきた、録画ソフトでも並べてみることにします。

fraps

fraps4.png
http://www.fraps.com/

シンプルです。導入も使い方も特に苦労しません。画質もクリアです。日本語化パッチもあります。
しかし動作が重いです。撮影した動画ファイルの容量も大きいです。フルHDの場合30秒で2GBを超えます。
なお無料版は録画時間が最大30秒の制限があり、画面中央にロゴが出ます。
制限なし版はシェアウェアで37ドルです。

Bandicom

bandicam83.jpg
http://www.gomplayer.jp/bandicam/

導入も使い方も簡単です。画質は若干低下しますが支障のないレベルです。
動作が軽く、撮影した動画ファイルの容量がかなり抑えられています。
無料版は録画時間が最大10分まで。また画面中央上にロゴがでます。
制限のない製品版は4320円です。
無料でもロゴが気にならないなら、問題なく使えます。

ただ私の例では、編集ソフトと相性がよくなかったのか、たまたまファイルが破損していたのか、
うまくプレビューできなかったり、表示が壊れたことがあったので使用を断念しました。


アマレココ

amarecco.png
http://www.amarectv.com/

すべて無料で使用できるキャプチャーソフトです。
録画する範囲やウィンドウを自由に選択することも可能です。
ただし、フルスクリーンモードでは録画できません。使用する際はリネ2をウィンドウモードに切り替えてください。

動作は若干重く感じる人もいるようですが、最近のPCであれば問題ないでしょう。
録画した動画ファイルは1分当たり1GBです。

導入については少し手順を踏みます。アマレココ公式のヘルプをすべて読めば問題なく使用できます。
別途AMVコーデック3というものが必要になり「有料」と書いてありますが、
アマレココインストール後のテキストファイルに、AMVコーデック3を無料で使用できるシリアルコードが同封されています。
WindowsXPまでの対応となっていますが、Vistaや7でも使う方法があり、これも記載されています。

アマレココをより進化させた、アマレコTVというものもあり、別途AMVコーデック4が必要です。
AMVコーデック4は有料と書いてありますが、実際はすべて無料で使用できます。
こちらは無料の場合、画面左下付近にロゴが表示されます。

私の場合、アマレココはずいぶん長い間お世話になったソフトです。
しかし編集ソフトを変えたらファイルを読み込めなくなってしまい、現在は使っていません。


ロイロゲームレコーダー

ss_JP.jpg
http://loilo.tv/jp/product/game_recorder

導入はインストールするだけ。使うのはボタンを押すだけという簡潔極まりないソフトです。
完全無料です。制限もありませんし、ロゴもつきません。
フルスクリーンモードでの録画を主としたソフトですが、ウィンドウモードでも録画できます。
品質も自由に設定できますが、最高設定にすると動作も重くなりますし、保存される動画ファイルもかなり大きなものになります。

使用感ですが、元の映像より若干色味の違うコントラストが濃い目の映像になります。
またフルスクリーンモードにしていても、ウィンドウモードでしか撮影できないといったことがよくありました。
なお、リネ2クライアントが何故か強制終了することも多々ありまして、現在は使っていません。


Shadowplay

Shadowplay01.png
http://www.nvidia.co.jp/object/geforce-experience-shadow-play-jp.html

グラフィックボードがNVIDIAのGeforce GTX 600番台以降のものを使っているPCであれば、Shadowplayを使用できます。
グラボのドライバの拡張機能として提供されているNVIDIA GeForce Experienceをダウンロード・インストールするだけです。
もちろん無料で制限もありません。
OSはWindows7以降に対応しています。Windows10?知らない子ですね…

Shadowplayはグラボの付属品といった扱いですが、逆に言うとそれゆえに現時点で最強のキャプチャーソフトです。
この人、1080p(フルHD画質)の映像を60fps(1秒間に60フレーム)で録画して、PCへの負荷がほとんどありません。
他のソフトでこれやると結構重いです。中には対応していないものもありますから。

手動録画のほかにもう一つ大きな機能として、シャドウ録画といってドライブレコーダーのような機能を備えています。
これはShadowplayを起動していれば常時録画し続けていて、
ボタンを押すと押したところから最大20分前まで遡って動画ファイルとして保存します。
すごい現場に遭遇した。なんかPKされた。録画するの忘れてた。
そんなときにぽちっとすれば、保存してくれちゃうのです。
これは便利です。

なお手動録画の場合、撮りっ放しでも録画ファイルは自動で分割されていますが、
これは編集でつなげるとほぼ切れ目なしで再生できますので心配無用です。

たまに動作不良になったり録画できなくなりますが、PCを再起動したりドライバを更新したりすると直ります。


各録画ソフトの導入について


本当は導入方法についていろいろ書くつもりでした。
しかし私なんかが書くより、とてもよいサイトがありますので、そちらをご紹介します。

VIPで初心者がゲーム実況するには@Wiki

こちらのサイトさんでは、録画に関わることも含めて様々なことが、丁寧でわかりやすく書かれています。
今日ここで紹介したソフトの導入についての詳しいことは、そちらを参照してみてください。
また困ったときの対処法についても、それぞれ詳しく解説されています。

アマレココの導入
アマレココで困ったときは

ロイロゲームレコーダーの導入
ロイロゲームレコーダーで困ったときは

Shadowplayの導入
Shadowplayで困ったときは
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。